• ホーム
  • このような症状の人はバイアグラを避けるべき

このような症状の人はバイアグラを避けるべき

赤い錠剤

バイアグラは適切に利用されれば特に問題を起こすことの少ない安全な薬なのですが、過去の日本では個人ルートで入手されたバイアグラを服用した男性が死亡するという痛ましい事故がおきました。
このことは「バイアグラを使ってはいけない人がいる」ということを何よりも印象付ける事故とされているのですが、ではどういった人だとバイアグラを避けた方が良いのかというと、まず挙げられるのは狭心症などの心臓病を患っているために硝酸薬を服用している人です。
硝酸薬は血管拡張を促すことで狭心症発作や虚血性心疾患といった病気を抱えている人によく処方される薬で、平たくいえばニトログリセリンがこれに当たります。
この薬は極めて強力な血管拡張作用があるのですが、この血管拡張作用はバイアグラも有しているものです。
それぞれ一つずつであれば問題はないのですが同時に服用してしまうと血圧が著しく低下してしまい、それによって命を落とすことがあるわけです。
実際、最初に述べたバイアグラの死亡事故もこの硝酸薬との併用が原因でした。
通常であれば医師が現在服用している薬を確かめた上で処方を決めますから併用することはないのですが、個人輸入などで輸入してくるなどのことになると併用禁忌に関するアドバイスも受けられないため極めて危険です。
またこの他には重度の肝機能障害を持っている人、過去半年以内に脳梗塞・脳出血・心筋梗塞も既往歴がある人処方ができないと定められています。
この薬の有効成分は肝臓で代謝されるため、肝機能が低下している人は薬の効果が強く出過ぎてしまうリスクが高いのです。
脳梗塞などの既往歴については血圧が低下する薬の作用によって過去の脳梗塞などが再発するリスクがあると指摘されているのが理由となっており、こうした症状を持つ人は残念ながらバイアグラを避けるべきだと判断されることになるのです。

関連記事
最近の投稿
アーカイブ
サイト内検索